エアプラズマ(APW-602f)

エアプラズマ(APW-602f)
Air Plasma (APW-602f)

APW-602f_04.jpg

特長

エアプラズマは放電電極から照射されたアーク状コロナを直接ワークに吹きつけることで表面改質を行なう装置です。

放電電極先端部に取り付けられた一対の対向電極間に高電圧が印加されるとコロナ放電が発生し、さらに内蔵ファンのアシストによりアーク状コロナが生成されます。このアーク状コロナのダイレクト照射によるプラズマ効果(官能基導入)と熱的要因による熱溶融で基材表面の親水性が向上します。

エアによるアーク状コロナを強制照射するため複雑な形状のワークにも対応可能であり、大掛かりな設備が不要です。

回路構成

APW-602f_03.gif

処理例

APW_shori1.jpg APW_shori2.jpg

APW_shori3.jpg APW_shori4.jpg

仕様

供給電圧単相 AC100V,110V,200V,220V  50/60Hz
消費電力 1000VA
処理幅40~50mm
設置距離10~30mm (電極先端からワークまで)
処理対象物プラスチック、ガラス、金属 (接地された金属体についてはご相談願います)
寸法電源部305×413×273mm
電極部46×237×123mm
質量電源部34kg
電極部2.2kg
環境温度5℃~40℃ 湿度17%~70%RH(結露なきこと)

 

APW-602f システム構成

APW-602f_04.gif