本文へジャンプ

ホーム の中の 会社概要

春日電機の会社概要・沿革

会社概要

商号 春日電機株式会社
本社所在地 神奈川県川崎市幸区新川崎2-4
会社設立 1955年(昭和30年)5月12日
資本金 9,000万円
事業目的
  1. 産業用電気機器の製造及び販売
  2. 前項に関連する一切の事業
役員
代表取締役
西川正幹
常務取締役
西川美穂、鈴木敏雄
取締役
橋田輝明、岡村善次、田村豊
監査役
藤井浩
主な株主 西川正幹、株式会社カスガ製作所
従業員数 130名
決算期 4月30日(年1回)
主な取引銀行 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行
みずほ銀行、商工中金、日本政策金融公庫

ページトップヘ戻る

沿革

昭和30年 東京都世田谷区等々力に会社設立(資本金100万円)
昭和31年 静電気除去装置製造販売開始
昭和32年 集電式電位測定器販売開始
昭和35年 フィルムの除電除塵装置を販売開始
昭和39年 ファンタイプ、ノズルタイプ静電気除去装置販売開始
二枚刷防止器販売開始
昭和40年 コロナ表面処理装置販売開始
静電気応用製品の帯電装置を販売開始
昭和41年 本社を港区浜松町三和ビルに移転
資本金を2,000万円に増資
昭和43年 静電電荷量計販売開始
昭和44年 本社工場落成(現在地の大田区東蒲田)、移転
資本金を4,000万円に増資
昭和46年 耐圧、内圧防爆型静電気除去装置販売開始
昭和47年 サイリスタ方式のコロナ表面処理装置販売開始
資本金を9,000万円に増資
昭和53年 本質安全防爆型集電式電位測定器販売開始
昭和54年 永年の静電気関連機器の開発と標準化の功績によって静電気学会より進歩賞を受賞
トランジスタ方式のコロナ表面処理装置販売開始
印刷、事務機用の小型テープ挿入機販売開始
昭和61年 本質安全防爆型静電気連続監視装置販売開始
振動方式のハンディータイプデジタル静電電位測定器販売開始
昭和62年 高周波利用の高周波静電気除去装置販売開始
平成2年 直流式静電気除去装置販売開始
IGBT採用のコロナ表面処理装置販売開始
平成3年 大田区南蒲田に営業部と経理部移転
平成6年 特殊防爆型静電気除去装置販売開始
平成7年 スタティックマークを除去する新しい除電技術、高密度除電処理システム販売開始
平成8年 ジェットエア式除水機販売開始
電子業界向けクーロンメータ販売開始
平成10年 ハンディタイプの本質安全防爆型デジタル静電電位測定器販売開始
平成11年 ISO9001認証取得。認証番号JQA-3151
平成12年 表面電位センサの製造販売開始
平成16年 創立50周年
高密度除電処理システムの開発で静電気学会より進歩賞を受賞
平成17年 ISO14001認証取得/認証番号JQA-EM4996
平成18年 高密度除電処理システムの開発が、日本発明振興協会第31回発明大賞で発明功労賞を受賞
平成19年 高密度除電処理システムの開発が、科学技術分野の文部科学大臣表彰で科学技術賞(技術部門)を受賞
平成20年 内圧防爆構造フランジ型除電器の開発で静電気学会より進歩賞を受賞
平成21年 ジェットエア式除水機が第20回大田区中小企業新製品・新技術コンクールで奨励賞を受賞
平成22年 成形品用の高密度除電処理システムが第21回大田区中小企業新製品・新技術コンクールで最優秀賞を受賞
平成24年 本社工場、営業本部、物流センターを神奈川県川崎市幸区新川崎に移転

 

ページトップヘ戻る